アパート・マンションで電子ドラムは練習可能?一軒家は?

スポンサーリンク

どうも!電子ドラマーのかずーいです。

電子ドラムを購入しようと思っている方にとって不安なことのひとつは騒音ですよね。

特に、アパートに住んでいる人にとっては、騒音は購入前の最も大きな不安材料なのではないでしょうか?

電子ドラムのメリットについて書いた記事では、生ドラムと比べると外に対する音が静かなので、自宅に設置可能だというのが電子ドラムの大きなメリットだと書きました。

しかし、電子ドラムといってもゴムのパッドを木でバシバシ叩くわけですから、それなりの音が出ます。

今回は、

「アパートに電子ドラムは設置可能?一軒家なら大丈夫?」

というテーマで書いていこうと思います。

電子ドラムの騒音とは?

電子ドラムの騒音を考える上で、まず、騒音が2種類に分けられるのを確認する必要があります。

ひとつは、パッドをスティックで叩くことで発生する音です。

さきほども書きましたが、消音性が売りの電子ドラムといえど、ものを叩くので音は出ます。

そしてもうひとつは、振動です。

どのパーツについても振動は発生しますが、特に大きいのがバスドラムの振動です。

※バスドラム・・・足でドンドン踏んで鳴らす太鼓。

少し話がそれますが、ぼくの経験上、この振動というものを考慮せずに失敗してしまう人が多く存在します。

つまり、楽器屋で試しに叩いてみた時に「意外と音しないじゃん」と思って買ってみたはよいが、いざ自宅でやってみると音は大丈夫だったけど振動がすごくて近所からクレームが来てしまった・・・というパターンです。

振動について考慮せずに衝動買いパターンは避けるようにしたいですね。

音は大丈夫か?

電子ドラムが発する騒音には2種類あることがわかりました。

ここからは、それぞれ分けて考えていこうと思います。

まず、パッドを叩くことで発する音についてです。

これについては、結論から先に言ってしまうと、

  1. パッドがメッシュパッドであり
  2. 部屋の壁が薄くない

ならアパートでもOKです。

①についてですが、電子ドラムのパッドには大きく分けてゴムパッドとメッシュパッドの2種類があります。

これらについてはいくつか違いがありますが、最も大きな違いはゴムよりもメッシュの方が騒音が小さいという点です。

ゴムパッドとメッシュパッドの詳しい違いについては下記の記事をご参照ください。

ゴムパッドとメッシュパッドの違い!何がどう違うの?

ゴムパッドだと、アパートではちょっと厳しいです。

メッシュの方が高いのですが、予算が少ない人でも、最低限スネアドラムだけはメッシュのものを購入するのがおすすめです。

そして、その上でアパートの部屋の壁が薄くないならば、直接の音については問題ナシでしょう。

「壁が薄くないって・・・具体的にはどのくらいなの?」

と思った人も多いかもしれませんが、大体の目安として、オートロックがついていて、家族数人が住むようなちゃんとしたマンションならOK、大学生が一人暮らしに使うようなアパートだと絶対にムリ、というのを基準にしてください。

振動は大丈夫か?

続いて、振動についてです。

こちらも最初に結論から言ってしまうと、アパートだと、まず確実にクレームが来るレベルです。

「え、じゃあアパートで電子ドラムはムリってこと?ここまで読んだのにそれはないよ・・・サヨナラ」

と思った方、待ってください!笑

たしかに、何も考えずに電子ドラムを買ってポンと置いたら確実にクレームが来るほど電子ドラムの振動は大きいですが、これを乗り越えるための方法が2つあります。

まずひとつ目は、ドラム専用のマットを下に敷くなどして、振動対策をすることです。

詳しくは電子ドラムの振動・騒音対策について書いた記事を参照していただきたいのですが、簡単に言うと電子ドラムをアパートで叩くためには、メーカーが出している専用のドラムマットは必須で、さらにそれにヨガマットやタイル式のじゅうたんを重ねて敷く必要があります。

そして2つ目は、これは対策と言えるのかツッコまれたらちょっとキツイのですが、1階に住むか、真下に住人がいない部屋に住むことです。

振動が最も伝わっていくのは真下の階です。1階に住んでいれば、下の階の人への影響を考えずに済みます。

また、さきほどの音の時と同様、床がしっかりしているのかも確認しましょう。

上の階の子どもの足音がドンドン聞こえてくる・・・というレベルの場合、電子ドラムはまず確実にムリです。しっかりとした厚いコンクリート構造であることを購入前に確認してください。

結論、アパートで電子ドラムはOK?

というわけで結論ですが、

  1. メッシュパッドなど、音の少ないパッドがついたモデルのものを使う
  2. 専用のマットやタイルの絨毯を何重にも重ねて、振動対策をする
  3. 音や振動が壁や床を通じて隣人に伝わっていきにくいようなしっかりとした構造のマンション(できれば1階がベスト)

という3つの条件をクリアできていれば、アパートでも電子ドラムは可能です。

また、言い忘れていましたが、近所からのクレームを避けるために、電子ドラムの練習は昼間のみにしましょう。夜中は絶対にNGです。

とにかくいろいろと考慮しなければたくさんありますが、実際、アパートで電子ドラムを叩くのはそれだけ困難が伴います。

ちなみに、いきなり買うのが不安だという人は、まずは電子ドラムではなく、ただの練習パッドを買ってそれを叩いてみて、どれくらい騒音があるのかを確かめてみるのを強くおすすめします。

YAMAHAの8インチのトレーニングパッドは私も使っていますがかなり使いやすいです。

YAMAHA ヤマハ トレーニングパット 8インチ(スタンド付) TS01S
ヤマハ(YAMAHA)
売り上げランキング: 226

一軒家は?

最後に、一軒家はどうなのか、という点について触れておこうと思います。

一軒家なら、電子ドラムの導入は基本的に問題ありません。

ただし、静かな住宅街で、かつ隣の家との距離が極端に狭い場合は、クレームになる可能性が高いです。そういう場合は、できるだけ隣人から遠いところに電子ドラムを設置した上で、上記で述べたような振動対策をしてください。

また、一軒家はアパートと比べ、同居人がいる場合が多いと思いますので、隣人だけでなく、家族などの同居人にとって迷惑ではないのかも購入前に考慮しておくと、後々の問題を避けることができるでしょう。

以上、電子ドラムはアパート(マンション)、一軒家に設置可能か?という話でした。

⇒トップページ(おすすめ記事一覧)に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする