「電子ドラムで練習するとドラムが下手になる!」は本当か?変な癖がついてしまう?

スポンサーリンク

どうも!電子ドラマーのかずーいです。

「電子ドラムで練習してるとドラム下手になるぞ!」

というのをたまに聞きます。

これがもし本当だとしたら、生ドラムがメインで、電子ドラムはあくまで自宅での練習用だと考えている人にとってはかなりショッキングなニュースですよね。

しかし、ぼくは電子ドラムを使った練習をすることで生ドラムが下手になることはないと考えています。

「下手になってしまう派」の意見も冷静に分析しながら、順番に説明していこうと思います。

電子ドラムは適当でも良い音が出てしまう

「電子ドラムで練習すると下手になる!」

と言っている人が理由としてよく挙げるのが

電子ドラムは適当に叩いても良い音が出てしまう

ということです。

確かにこれはその通りですね。

生ドラムは、叩き方によって音が大きく変わります。また、ちゃんとした叩き方で叩かないと、それっぽい音が出ません。

生ドラムの場合、初心者が出す音と、上手い人が出す音では、全くの素人が聞いたとしても「全然違う・・・」という感想を持つくらい違うのです。

それと比べ、電子ドラムは基本的にスティックがパッドに当たれさえすれば良い音が出ます。なので、良い音を出すための試行錯誤をしなくなる可能性がある・・・というわけです。

うーん、なんだか一理ありそうですね。

ただ、電子ドラムもどんどん進化を重ねており、手先の細かいニュアンスやダイナミクスを検知して再現できるようになってきているのも事実です。

実際に叩いてみた経験から言うと、『Roland TD-11KV-S』のようなある程度ガチでやりたい人向けのモデル以上ならかなりの具合で強弱などを検知してくれますし、

低価格帯でも『Roland TD-1KV』なども手先の細かいニュアンスをかなり拾ってくれます。

Roland ローランド 電子ドラム V-Drums Kit スネアメッシュヘッド採用 TD-1KV
Roland(ローランド) (2014-09-26)
売り上げランキング: 6,129

このように、生ドラムほどではありませんが、電子ドラムでも音のコントロール練習はできるんです。

ただし、2万円代の電子ドラムではそれは厳しいので注意です。まさに「スティックがパッドに当たりさえすれば良い音が出てしまう」ので、この点に関しては大きなデメリットがあるといえるでしょう。

「打感が違うから変な癖がつく!」のウソ

「電子ドラムは生ドラムと叩いた時の感触が全然違うから、変な癖がついて下手になるぞ!」

という人もいますが、これについては全くの間違いです。

というのも、世界の超有名ドラマーも含め、みんなゴムの練習パッドを使ってさんざん練習して上手くなっているからです。

ジョジョ・メイヤーも下の動画では練習パッドを使ってテクニックの解説をしています。

パッドを使って練習したらヘタになるならこんな動画は存在しないはずですよね。

まぁ、そうとは言ってもやはり生ドラムとの打感の差が気になる方もいるかもしれません。

そういう方は、DTX-PADが付いたYAMAHAの電子ドラムを使うのがおすすめです。

DTX-PADというのはYAMAHAが開発した発泡シリコン製のパッドで、ぼくが叩いて判断した限りでは、現在出ている電子ドラムのパッドの中で、打感が最も生ドラムに近いです。

YAMAHAの電子ドラムのカタログの中でも、

このDTX-PADではよくありがちなアコースティックドラムからエレクトロニックドラムのパッドに切り替えた際の違和感が全くありません。これはドラマーにとって本当に革新的なパッドですね!

と神保彰氏も語っています。

また、DTX-PAD以外にも、Rolandのメッシュパッドも打感が生ドラムに近くなっていておすすめです。

手足のパターンが確実に上達する

電子ドラムを使うことで手足の動かすパターンを上達させることができます。

いくら打感が違おうとも、音が本物と多少違おうとも、手足のパターントレーニングには何の関係もありません。

特にドラムを始めたばかりの初心者に関しては、音や打感うんぬんというよりも、とにかく手足を順番通りに動かせるようになる、というのが最優先事項です。

フレーズのパターンというのは、しばらく練習しないとあっという間にできなくなってしまいます。

電子ドラムなら、自宅でいつでも練習できるので、実力が鈍るのを防ぐのに非常に有効です。

この大きなメリットがある以上、「電子ドラムで練習すると下手になる」なんてありえないと思ってしまいます。

持っていない人・古い人の妬み?

このように考えていくと、やはり電子ドラムでトレーニングすると下手になるなんて考えられません。むしろ、どんどん有効活用していくべきツールだと思います。

思うに、この「電子ドラムで練習すると下手になる」というのは、

  • 電子ドラムが買えない人(壁の薄いアパートなどの環境の問題、また金銭的問題)
  • 新しいものを受け入れられない人

の単なる小言なのではないか?と。

電子ドラムが買えない人が妬みで言ったり、電子ドラムという、生ドラムよりも圧倒的に歴史の少ない楽器に対して、新しい価値観を受け入れられないという理由から「あんなもんけしからん!」と思っている人が言っているだけではないかと思うんですよね。

だって、実際に電子ドラムを購入して、真剣に練習した上で、そのせいで生ドラムが下手になった、という人なんて一人も聞いたことありませんから。

もう一度言いますが、電子ドラムはドラムを上達させるための超有効なツールです。

どんどん活用していくべきでしょう。

⇒トップページ(おすすめ記事一覧)に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする