初心者におすすめの電子ドラムまとめ!コスパ最強&操作性抜群のモデルを紹介します!

スポンサーリンク

どうも!電子ドラマーのかずーいです!

今回は、

  • これから電子ドラムを購入してドラムを始めてみたい!
  • 最近ドラムを始めたけどなかなか上達しないので、電子ドラムを購入して自宅でも練習したい!

など、これから初めて電子ドラムを購入する初心者におすすめの電子ドラムを紹介していこうと思います。

電子ドラムは本当に多くの種類があり、初心者の方だと楽器屋などに行っても

「一体どれを選んだらいいのかわからない!」

という状態になってしまいがちだと思いますが、この記事では知識ゼロの方でもわかりやすいようにおすすめモデルの特徴を解説しているので、納得のいく1台が見つかると自負しています。

ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに、「ていうか電子ドラムってそもそも何?」という方は

電子ドラムとは?仕組みや値段などざっくり解説します。

を先に読んでいただくとわかりやすいかと思いますので、ぜひ合わせてお読みください!

安すぎるモデルはおすすめしない!

電子ドラムは、最も安いものだと2万円台で買えるモデルが出ています。

Alesisというメーカーの『DM Lite Kit』は超低価格モデルとして有名で、実際かなり人気です。

Alesis LEDライトアップ 電子ドラムキット ドラムスティック付き DM Lite Kit
Alesis (アレシス) (2016-09-26)
売り上げランキング: 827

電子ドラムの購入を検討している方の中には

「初心者だし、とりあえずいちばん安いやつ買おうかな」

という方も多いと思いますが、安すぎるものはおすすめしません

理由は、安いものはクオリティも低く、悪く言えば「おもちゃ感」がすごいんです。

たとえば、音が悪いです。音が悪いと叩いていて気分がノってきません。

ちゃんとしたモデルを買って、本格的なサウンドで練習した方がトレーニングのモチベーションも上がるんです。

また、安いモデルは打感も本物とはほど遠いので、初心者が叩くと変な癖がついてしまう可能性があります。

上級者なら安い電子ドラムは安い電子ドラムだと割り切って、全く別物として叩き方を分けることもできますが、初心者だとそうはいきませんよね。

値段が高すぎるモデルも避けるべし

電子ドラムは、それぞれのパッドがケーブルで“音源モジュール”と呼ばれる機器に接続されており、この音源モジュールを操作することで音量を調節したり、音色を好きなものに変えたり、録音したりできるようになっています。

(音源モジュール)

で、この音源モジュールですが、値段の高い上位モデル(20万円台後半~)に付いているのは総じて操作が難しく、初心者にはなかなか使いこなすことができません!

なので、「高いなら良いやつだろう」と思って上位モデルに手を出してしまうと、初心者の場合失敗する可能性が高いので注意です。

「値段が高いなら良いやつ」なのは確かにその通りなんですが、その分機能は複雑なんです。

おすすめは7~10万円台

最もおすすめなのは7万円~10万円台後半のモデルです。

この価格帯の電子ドラムは、

  • 音源モジュールの操作がシンプルで使いやすい
  • にもかかわらず、サウンドが本格的で機能も充実している

という、初心者にまさにピッタリの仕様となっているんです。

初心者が1台目として購入すべき電子ドラムは、この価格帯で選んで間違いありません。

以下、その中からさらに厳選しておすすめのモデルを具体的に紹介していきます!

①YAMAHA DTX450KS

まず、YAMAHAのDTX450KSというモデル。

実際に叩いてみて感じたんですが、さすがYAMAHAというだけあって、音が超本格的です。叩いていてテンションが上がります。

また、このモデルで最も特筆すべきなのが何といってもスネアドラム。

このモデルで使われているスネアドラムは3ゾーンで叩いた場所を検知して、異なる音を出してくれます。具体的には、リムショットというのが打てます。

この価格でここまでスネアのクオリティが高いのはこのモデルだけです。

これだけのクオリティで価格が低いというのも大きな魅力です。コスパは間違いなく最強ですね。

ちなみに、このモデルは簡単に低めのセッティングに変えられるので、お子様用の電子ドラムをお探しの方にもおすすめです。

②YAMAHA DTX532KFS

ひとつ前で紹介したモデルとは一段階グレードアップされているのがこのDTX532KFSです。

音源モジュールがかなり本格的で、50のドラム音源と819の音色が収録されています。音自体も本格的で、超カッコイイサウンドで演奏が楽しめるんです。

前で紹介したモデルの上位互換というだけあり、シンバルパッドも叩き方によって本物のように音が変わる3ゾーンパッドが採用されています。

で、ハイハットがまた良いんです。

本物と同じスタンドにパッドを取り付けるタイプで、ぼくもこれを使っていますが、

生ドラムを叩いている時とほぼ感覚が変わりません。

また、スネアドラムには発泡シリコンという特殊が使われていて、これによって消音性が高くなっています。

ちなみに、スネアだけではなくタムも発泡シリコン製となったDTX562KFSという上位モデルも出ています。

アパートで電子ドラムを叩きたいなど、とにかく静かなモデルが欲しいという方にはおすすめです。数万円ほど値段は高くなりますが。

③Roland TD-11K-S

Roland ローランド 電子ドラム V-Drums V-Compact Series TD-11K-S
Roland(ローランド)
売り上げランキング: 22,538

YAMAHAと並んで国内電子ドラムメーカートップに君臨しているRolandの中位モデルです。

パッドの打感が良く、音のクオリティも非常に高いです。

特にスネアドラムはメッシュパッドという、打感が本物のドラムに近く、消音性も高いパッドが使われていてここもおすすめポイントです。

このメッシュパッドが好きだからという理由でRolandの電子ドラムを購入するドラマーも多いんですよね。

音源モジュールもシンプルで初心者でも非常に使いやすいです。

ちなみに、このモデルもタムパッドがメッシュになったタイプが出ています。

数万円値段が高くなりますが、メッシュにこだわりたい人はこちらを選びましょう。

ゴムパッドとメッシュパッドの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事もぜひお読みください。

ゴムパッドとメッシュパッドの違い!何がどう違うの?

④Alesis Crimson Mesh Kit

Alesis 電子ドラム メッシュヘッド採用 Crimson Mesh Kit
Alesis (2016-04-26)
売り上げランキング: 2,047

最後に紹介するのはAlesisというメーカーが出している『Crimson Mesh Kit』という電子ドラムです。

このモデルのおすすめポイントはずばり言ってコスパです。

全てのパッドがメッシュパッドにも関わらず価格が10万円を切っています(価格については購入前に必ずご自身で確認してください)。

「機能面がイマイチなんじゃないの・・・?」

と思う方もいるかもしれませんが、内蔵サウンド数600以上、音のクオリティも高いです。

YAMAHA、Rolandといった国内有名メーカーにこだわらないという方なら、ぜひおすすめしたい一台です。

それでも低価格帯で選びたい人は・・・

ここまで紹介してきたものは7~10万円台後半のモデルですが、予算がどうしても足りないという人もいるかもしれません。

そういう方は5万円~7万円付近でおすすめモデルを、

安い電子ドラムおすすめまとめ。低価格帯で考えるならこれで決まり!

というページで紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

ガチでやりたい人は上位モデルもアリ

  • 将来的にはバンドを組んで人気者になりたい!
  • インターネットに演奏動画を投稿してみたい!

など、高い目標があり、ガチでドラムをやりたいという人は、今は初心者でも、20万円以上する上位モデルを購入するという選択肢もあります。

RolandTD-25K-Sというモデルはそういうガチでやりたい人には人気の電子ドラムです。

ROLAND TD-25K-S V-Drum Vドラムセット
ROLAND
売り上げランキング: 168,704

ただ、やはりひとつ前までで挙げた中位モデルの電子ドラムの方がコスパが良いことはもう一度書いておこうと思います。

それに、本格的なものが欲しい場合でも、最初は中位モデルを買って、後からパーツごとにグレードアップさせていくという方法もあります。

さすがに20万円以上となると「挫折してやめちゃった・・・」などの場合にダメージが大きいと思うので、購入前に本当にやる気があるのかだけは自分に確認しておいた方がいいですね。

まとめ

というわけで今回は初心者におすすめの電子ドラムをまとめてみました!

この記事で紹介したものの中から選べば、間違いないと自信を持って言えます。

これから電子ドラムを購入しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

⇒トップページ(おすすめ記事一覧)に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする