ドラムの練習が続かない!?モチベーションを保つための方法3つ。

スポンサーリンク

どうも!電子ドラマーのかずーいです!

いきなり質問ですが、

「ドラム上達のために大事なことは何でしょう?」

これには複数の正解があると思いますが、ドラム上達のためには、

継続的に練習を続ける!

というのが大前提としてあるのは真実だと思います。

ドラム含め楽器の練習というのは大雑把に言ってしまうと“壮大な慣れ”です。

慣れのために大事なのは継続です。実際、ぼくも7年ドラムをやっていますが、ちょっとサボるとすぐに下手になるのを感じます。

では、継続するためには何が大事なのかというと、それはモチベーションを維持することです。

ただ、ドラムが上手くなりたいと本心で思っていても、意志の力だけでモチベーションを保つのってなかなか難しいですよね。

そこで今回は、ドラム歴7年のぼくが、ドラム練習のモチベーションを維持する方法を3つ紹介していこうと思います。

①バンドを組む

まずおすすめなのが、バンドを組むことです。

バンドを組めば、バンドメンバーや、ライブをするなら見に来てくれた人など、他人の目に自分のパフォーマンスが触れる機会が定期的にできるので、練習しようというモチベーションが自然とアップします。

これは実際ぼくも経験していることで、ぼくは大学1年生の時にバンドサークルに入ってドラムを始めたんですが、大学を卒業した後は、ドラム自体は続けようと思っていたものの、なかなか練習が続かなかったんです。

これは、やはりバンドというある種の強制力がなくなったというのが原因でした。

その証拠に、最近再びバンドを始めてからは、毎日のように練習するようになったんです。

ちなみに、バンドはコピーバンドでも、オリジナル曲を演奏するバンドでもなんでもいいですが、

最低でも週1回は集まって練習する

というルールの元やるようにしましょう。

特に社会人の場合だと、仲間とその場のノリでバンドを結成したは良いが、練習ペースなどをきっちり決めなかったので自然消滅してしまった・・・などというのはよくあることです。

②好きなドラマーの演奏を見に行く

自分が憧れているドラマーの演奏を見に行くというのも、モチベーションを高く保つためにかなり効果的でおすすめです。

ドラムを始めようと思ったきっかけは細かく言えば人それぞれだと思いますが、誰しもが、何かのタイミングで

「うぉー!ドラムってかっけぇ!」

と思ってドラムを始めたのではないでしょうか?

モチベーションが下がっている時って、そういう初期衝動を忘れている場合がほとんどだと思うんです。

そういう時に自分がカッコイイと思っているドラマーの演奏を生で見ると、その時の感情がよみがえってきます。

実際、ぼく自身、ドラマーに限らず、好きな演奏者のプレイを見てモチベーションがガン上がりする人を周りで何度も見てきました。

好きなドラマーが特にいないという人は好きな歌手のコンサートでもバンドのライブでもかまいません。

とにかく生の音楽に触れて「音楽やりたい!」「ドラムやりたい!」という気持ちを沸き立たせるのがポイントです。

③電子ドラムを買う

ドラムという楽器は、ギターやベースなどとは違い、自宅で練習するのが困難だという特徴があります。

通常、ドラムを演奏するためには音楽スタジオを使うことになりますが、スタジオで練習するには事前に予約をし、自分の足でそこまで行き、そして利用料も払わなければならず、率直に言って「めんどくさい」んです。

なので、特に日々の生活が忙しくなってきたりすると、スタジオにだんだん行かなくなり、結局全く練習しなくなる・・・というパターンがよくあります。

そこで、電子ドラムを買うという選択肢があります。

電子ドラムなら自宅に置いていつでも練習し放題です。

(※アパートでの演奏の場合、夜間は避けましょう)

もちろん、電子ドラムでなくても、練習パッドを買って家で練習するという方法もありますが、練習パッドよりも、

  • 実際にリアルなドラムの音で楽しめる
  • さまざまな練習機能(メトロノーム、練習曲)が付いている

電子ドラムの方が、モチベーションは上がります。

  • 部屋にスペースがない!
  • そんなものを買う金はない!
  • 電子ドラムってうるさいんでしょ?

など思う方もいるかもしれませんが、Rolandから出ているTD-1KVなど、コンパクトで静音設計、かつ低価格のモデルも出ているので、モデル選びさえ間違えなければ失敗する可能性は低いです。

Roland ローランド 電子ドラム V-Drums Kit スネアメッシュヘッド採用 TD-1KV
Roland(ローランド) (2014-09-26)
売り上げランキング: 5,324

おすすめの電子ドラムについては下記の記事で詳しく紹介しているので興味のある方はぜひ合わせてお読みください!

初心者におすすめの電子ドラムまとめ!コスパ最強&操作性抜群のモデルを紹介します!

まとめ

というわけで今回はドラムのモチベーションを保つための方法を3つ紹介してみました。

記事の中でもちょっと触れましたが、どんなにドラムが好きな人でも、どんなに向上心が強い人でも、モチベーションが下がる時というのはあります。これは意志の力でどうにかなることではないです。

そういう時にこの記事で紹介した方法をぜひ試してみてください!

⇒トップページ(おすすめ記事一覧)に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする